エチオピア🇪🇹の森で育った野生のコーヒー

   

Pocket

原材料名 コーヒ豆 (生豆原産国名/エチオピア)

ヤルガッチャフェ

コーヒー発祥の伝説があるエチオピアのシダモ地方、ヤルガッチャフェ自然丘陵で育ったセミフォレストな野生のコーヒー

花のような香りが活きている独特の風味を誇るアラビカ原種の一つとして知られています。(エチオピアでは煎じ出すことをカフアと言い、人の手を加えていない森での収獲をフォレスト、刈り入れなど一部手を加えている森での収獲をセミフォレストとしてどちらも森林又は野生のコーヒーと呼びます。

このコーヒーの事を知りたい方は

アンドロメダエチオピアコーヒー物語

リム

同じくエチオピア🇪🇹カファ地方リム丘陵の大自然の中で育ったフォレストの野生のコーヒーです。特徴のあるその味はワインにも比べられ、フルボディでスパイシーと表現されるアラビアカ原種の1つです。

タンザニア🇹🇿キリマンジャロ ゴマタスジコーヒー

原材料名 (生豆生産国 ・タンザニア)

タンザニア🇹🇿キリマンジャロから160キロ程の丘陵に位置するスジ村の農園で採れるアラビアカ種コーヒーです

 - Diary

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。