7月7日は乾しいたけの日(日本産・原木乾しいたけをすすめる 会)制定

   

Pocket

7月7日は『乾ししいたけの日』の1週間前に香港の海味街(ホイ・メイ・ガイ)を訪れました。

乾物屋がぎっしりと軒を連ねた徳輔道西(Des Voeux Road. West)を歩いてみました。この通りは香港島の西の端にある西營盤(サイ・イン・プン)地区にあります。

食の探究士として、又、だしソムリエ認定講師として、だし素材がある場所にはどの国でも必ず立ち寄り自分の目で見たり聞いたりも私の旅の醍醐味です。

海産物以外にも乾ししいたけ、海草、ツバメの巣、木の実などいろいろありますが、こちらも全て干したものばかり。

太陽の光を吸い込むことで栄養価が高くなりパワー・アップした食べ物たちがこの暑い熱い香港の街のパワーの源なのかもしれません。

最後にSOGOにも立ち寄り【日本産・原木乾ししいたけ】市場調査、値段はお高いですが、日本の原木産は 肉厚で戻して料理に使うと味も食感も違うのでファンが多いとの事でした。

この時の香港ドル:日本円は1$:15円なので表示価格で見ていただくと日本で売られている原木産乾ししいたけと比べると かなりのお値段 Σ(゚Д゚)

まぁ、お金持が多い香港市場では売れるのでしょう。そして永年にわたる日本と香港の乾ししいたけの交易を知ると納得いくと思います。

詳しくは下記を参照されると乾ししいたけの奥深さを教えてくれます。

http://j-shiitake.com/wp/?page_id=188#1

特に香港では【冬菇どんこ】が人気だとのこと

こちらのお店で

Symphony by Jade 翠韻軒

乾ししいたけと干し貝柱と慈姑のスープがとても上品な出汁が出ていて美味しかった。もちろん、再現するために、材料は購入してきましたが、貝柱も宗谷岬とのこと 日本産(笑)

■日本で唯一、だしに特化した検定講座と情報発信!
だしソムリエ協会
http://dashi.be/

だしソムリエ3級講座 8月(ノーリツ大阪)

 

 

 - Diary

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。