食学アドバイザー1DAY資格取得講座

Pocket

  • 食学アドバイザーとは

普段の生活に役立つ、食の基礎知識の資格は、『ホンモノの食』を選ぶ沢山の引き出しができます。

あなたと、あなたの周りの人のライフスタイル、環境、体調に合った食事を選択していく『力』です。

これからの未来の健康を作っていけるカギとなるでしょう。食に関するアドバイスを自信を持って、しっかりと周りの人に伝えて下さい。

★資格取得者には修了証が発行されます。食学アドバイザーとして活動ができます。

◎食学アドバイザー1DAY資格取得講座の内容とは

ココロとカラダを健康にするプロ資格です。

安全な食品の見分け方から最新の栄養のことまで

  •  ホンモノの食材を選び調理する知恵(食事とは食材の力をカラダに取り入れること)

日本の魅力の一つに「四季」があります。季節ごとの「旬」が持つ力を確認し、毎日の料理に活用できるようになります。食品添加物、遺伝子組み換え食品、産地偽装など、知らなければ避けられない、

  食の現実との付き合い方、安全な食品の見分け方、自分で食をコントロールする大切さを「学ぶことができます。

  • 昔ながらの知恵 食育の原点となる明治時代の食養学の考え方が基本

・人間にとって食事こそが最も大切である

・人間は本来穀物を主食とすべき動物である。

・先祖代々、その土地に伝わる食べ物、採れる食べ物を重んじる

・できるだけ自然に育てられたものをできるだけ丸ごといただく

・健康で美しく、長寿を実現するには、バランスの良い食事が大切である。

  • 新しい知恵 栄養素のカラダでの役割を学ぶ

・糖質・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン

日々、研究され。更新されている新しい情報を学ぶことができます。

食材の生産方法、保存方法から家電製品も進化し、便利になっています。

常識と思っている事が古くなっていいないかを確認できます。

  • 食学アドバイザー1DAY資格取得講座のタイムスケジュール (50分講義×4回 試験40分)

10:15~10:30 挨拶・講座タイムスケジュール

10:30~11:20 1時間目 1章:栄養素の基礎

11:20~11:25    休憩

11:25~12:15 2時間目 2章:食べ物の力旬の野菜

3章:食養学の基礎

12:15~13:00 お昼休み            

13:00~13:50 3時間目 4章:知っておきたい食の現実

13:50~13:55 休憩

13:55~14:45 4時間目 5章:安全な食品の選び方

6章:食と料理の常識

        14:45:~15:30  自習     1日の学びを復習 

15:30~16:10  試験        

 お問い合わせはこちら