七草粥をいわう

七草粥ななくさがゆ

今日は、1月7日(人日の節句)と言われており

この日に春の七草を入れて食べるお粥のこと。 

七草は早春にいち早く芽が出ることから🌱

邪気を払うといわそこれを食べることで、

1年の無病息災を祈るようになったとのこと

この風習は江戸時代から始まったようですが

七草粥を食べたことも聞いたこともないという方も

今は、多く、どちらかというと お正月に食べ過ぎた胃腸を整える為に食べると考えられている方も多い様です。

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • すずな
  • すずしろ
  • ほとけのざ

せり

若葉が伸びる様子が競り合っているように見えることから名前が付けられました

なずな

撫でて汚れを取り除くという意味があると言われています

ごぎょう

5行とは人型のこと

仏の体を意味すると言われている

はこべら

茎に葉がたくさん付いている様子から繁栄を意味します

すずな

かぶの古い呼び方で神を呼ぶ鈴を意味します

すずしろ

大根のこと 色から潔白を意味すると言われています/

ほとけのざ

葉のつき方が仏様の蓮座に似ていることからそう呼ばれます

七草粥の作り方

七草を全て嫌いに洗って ミネラルサーバー水に付け

鍋に水からミネラル豊富な塩を入れ

サッと茹で冷水にサッと30秒くらいつけ直ぐにザルにあげて1〜2センチくらいの長さに切る

お粥を炊く時と同じように

白米を洗ってザルに取り30分くらい水切りし

米1に対して3.5倍の昆布出汁と一緒に炊いていく

米が炊けて柔らかくなったら、ミネラル豊富な塩で味付ける

最後に七草を加え混ぜる

七草の香りと味が個性的で分かりやすい

味は、昆布だしとミネラルの豊富な塩のみ

とてもあっさりして 七草を味わえる

締切まじかの講座

申込

Follow me!