加工食品診断士が『食から始める』let’s和ごはんプロジェクトの活動として 健康・食の安全は”知る”ことから

食から始める
西宮市甲陽園市民館にて

こんな方に受講していただきたいと思い開催しました。

📌和食がカラダに良いとは分かっているが作るのが面倒
📌家族が少ないので外食やデパ地下・スーパーの総菜が増えている
📌体調がすぐれないのに、どうしても脂っこいものを食べる機会が多く気になる
📌バランスよく食べれているのか?
📌出前も多く自分が毎日食べているものが心配
📌塩分・糖分・油分が摂りすぎていないか気になっている
📌子どものジャンクフード・炭酸飲料の飲食の量が多すぎて心配
📌加工食品の添加物が気になっているが何を気にすればよいのか?
📌遺伝子組み換え食品をどれだけ摂っているのか気になっている

『食から始める』の第1弾として、講座の内容は、和食でよく使われている『だし』にフォーカスして、日頃の食事内容や今日一番聞きたいことを質問してスタートしました!ほとんどの参加者が食品添加物や遺伝子組み換え食品・農薬を気にされておりました。

国・メーカー・消費者すべての立場から食の安全について説明 食品添加物は国の食品安全委員会が安全基準にのっとり数値は設定されていること 又メーカーも順守し、食品事故が起こらない様に務めていること、逆に消費者側はどうなのか?を投げかけてみた。

商品には必ず食品表示があり、品名。原材料/添加物。。。と順に記載されている    自分がパッケージから思っていたものと表示が違うことに驚いておられる参加者も

西宮甲陽園市民館食から始める講座
塩分

舌で感じる👅塩分の違い 添加物の作用でどのように塩分の違いが変わるのかを分かり易くテイスティング 皆様同じ塩分濃度だと聞いてビックリされていました。

食品表示の見方を分かりやすく解説 これからの買い物に役立てる事を認識された。

添加物とは

表示方法を資料と実際のものを見ながら読める人に

和食でツナグ未来の食卓

農林水産省資料

let’s和ごはんプロジェクトメンバーとして

和食でツナグ未来の食卓

『だし』『料理の基本』について

let’s和ごはんプロジェクトの活動として 和食の基本の『だし』の簡単な取り方と だしのうま味の相乗効果を舌の上で感じていただきました。

最後は美味しい一番だしと自家製手づくり味噌のお味噌汁を味わって帰られました。

簡単レポートを頂きました。

皆様の声は、今日来てとても勉強になった。今日の帰りの買い物からきちんと食品表示を見て買いたい 自分が塩分の上に塩分を加えてたことを初めて気づいた。

地域学習推進委員よりお礼のお手紙

Follow me!