おやこ料理教室『魚さばきたいプロジェクト』満席にて開催Let’s和ごはんの活動として

最初に 下記項目をお伝えしました

  • 私たちのカラダは食べた物でできている  栄養素について 特に油脂について
  • 魚を通して食生活を考える日本人の和食離れ
  • 魚が住む環境・持続可能な社会 SDG’s
  • 今私たちができることは? 夏休み宿題
  • 今日は海について学び・味わう
  • ずっときれいな海で生きていたい 
  • 海で暮らす生き物を守るためにできる事
  • プラスティックごみマイクロプラスチック等
  • 包丁の使いたかた

その後 実習  大久保利也先生による 鯵あじのさばき方

魚を食べる人が世界的に増えているのに日本は減っている 現状を伝えました

1人当たりの魚介類消費量の増加と並行して、世界の人口も増え続けています。

この結果、世界全体での魚介類消費量は、過去半世紀の間に約5倍となりました 

(世界人口の増加と水産物需要の増大)水産庁 ホームページより

日本での消費量は2001年に一度ピークを迎えたものの、それ以降は年々減っています。

食の欧米化にともなう 肉類中心の食生活の増加に加えて

「価格が高い」「調理しづらい」「食べづらい」などの理由からのようです。

「世界中で魚の消費が上がる→日本以外の国が世界中の魚を優先して使うようになる

→日本で魚の価格が上昇する→価格も高い 料理もしずらい ➡魚離れがすすんでしまう

悪循環ですね

しかし なぜ世界中で魚の需要がこんなに増えているのか?を理解すると 日本も増える!! それは

魚の油がとてもカラダにとって良い働きをする

不飽和脂肪酸

ここ50年で約2倍のもの量の水産物を消費している現在

  • 油脂について 飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸
  • 魚の油が色々な研究結果から脳へのはたらきや血管へのはたらきで認められてきたことから 世界的に需要が増えている
  • 日本は和食文化を見直すことで食生活が変わる
  • 先ずは、魚に興味を持ち 食べてみる

私たちがいただく生命の源を作り出す『海のことを知る 大きい・広い・深い』   日本は 長い歴史の中で海の恩恵を受けてきた その海が今大変な事態に!    今私たちにできる事は何かを考える

・包丁の使い方 各部の名前

持ち方 構えかた 姿勢 等

・大久保先生が準備した立派な『鯵あじ』

おやこで料理するってとても良い経験

参加したおやこの『美味しかった』の声 アンケートからは大変満足・満足   

キャンセル待ちの出る人気講座      次回の魚サバキタイプロジェクトは 2023年1月21日(日)           年内の親子クッキング 11月27日(日) 下記QR登録で早期お知らせが届きます。

Follow me!