ブログ

Latest information


2022年9月19日 : 愛知 三河へ発酵見学ツアー1日目 七福醸造


七福醸造は日本で初めて白だしを開発し、日本一の白だしの品揃えを誇る会社

ありがとうの里 工場見学

白醤油に、かつおの枯節・乾しいたけなどの原材料と製法に徹底的にこだわりがある商品を提供


ありがとうの里 というだけあって 工場のあちらこちらに ありがとうの文字が



実際にテイスティングを蔵出ししていただきました。



七福の商品を売れる雰囲気で写真を



今回はよくお目にかかることになる 大きな桶 

昔はこれを船で運んでいたのだと思うと すごーい


2022年9月19日 : 愛知 三河へ発酵見学ツアー1日目 日東醸造
お休みの日に私たちの為に開けてくださり 心より感謝申し上げます
 日東醸造 先ずは、会社の中へ
ビックリするような梁と昔使っていた物を飾っているだけと言われてましたが
あまりに立派でパチリ









ここに、松江渡船の船着き場があった場所の立て看板

お隣の半田市との間にある運河 これを下ると 太平洋

この場所が、古くから醸造の町として適していたことがわかる

船で材料の小麦・米の入荷に

又、醤油・味醂・味噌・酒を地方(江戸)へ 運ぶのに恵まれた土地



三河白たまり
奥三河足助(あすけおおたが)大多賀の豊かな自然環境中、天然水で仕込んだ逸品

厳選した国内産小麦と 伝統海塩 (海の精)で仕込み 

防腐剤を使わず米焼酎で仕上げ


寄せ鍋つゆ
この手のタイプの商品は、スーパーでよく見かけるが

それとは、一線を引くものであるのは、食品表示を見て理解できる こだわりの逸品



塩分濃度は17.5/100g

濃口?油16~17% 薄口?油 18~19%なので 中間くらい

料理の素材を引き立てるのに 最高の醤油だと思う



ストレートタイプの寄せ鍋つゆ こんなに 素材の良い物は、うまく使えばホントに便利

2022年9月19日 : 愛知 三河へ発酵見学ツアー1日目 日本料理 一灯
杉浦味醂の杉浦社長のご案内で
お昼は日本料理 一灯『いっとう』へ
本日のお昼の会席 お献立は


前菜
イチジク・さつま芋・オクラ白和え
地豆おから煮 ちりめんじゃこ豆卵焼

刺身 
3種盛り つま色々


いつもは、生魚ダメな文さんが食べていたからビックリ 美味しかったね

焼物
サワラ エリンギ包み焼





一皿ごとに出される料理の説明に
一灯 店主・長田勇久 プロデューサー

一皿の中に使われる調味料や素材をうまくプロデュースしている

心から地産地消の良さを引き出されていて、

三河料理は本当に美味しいと感じました。

酢の物
湯葉・翡翠ナス・カマス・いちじく・粕酢ジュレ



煮物
鶏照り煮 厚揚げ・冬瓜・南瓜・胡瓜


食事
釜炊きごはん 漬物 赤だし


デザート 南瓜プリン 抹茶




料理長と皆さんで 
以前 だしソムリエのオンライン講座で
お顔を拝見してたので、来たかったお店

さすが、杉浦社長

ありがとうございました。
2022年9月19日 : 愛知 三河へ発酵見学ツアー1日目杉浦味醂

本格調味料講座をオンラインで開催し始めて あっという間の4年が経過

オンラインの講座終了後にはテイスティングをして

いくつかの品物の特徴と使い方など実習を開催

食品表示を見て、検索して伝統製法で作り手の顔が見える商品【これだ!】と思う調味料

受講生の方々と一緒に楽しんできました。

味醂はスーパーで売られているものと、三河地方の物を比べてみたりしていましたが

ある時杉浦味醂の三年物に出会い、

美味しい~お酒という感覚と少量で味が決まる事で

是非見学をしたいと思いました。

"大正十三年創業
(愛知県碧南市)三河みりんの名で みりん造りに適した恵まれた気候風土

近くを流れる矢作川の水質、精選された国産もち米、麹米

近隣の酒蔵から出る酒粕を中心に本格焼酎を原料とし、

昔ながらの製法で造り

長期熟成天然醸造の手造り
『愛桜』純米本みりんは、
原料:もち米、米麹、本格焼酎(本格米焼酎)のみ使用
製法:低温仕込み(もろみ180日余)・槽搾り・長期熟成(300日余)
香味:本格米焼酎の豊香、もち米を米麹で糖化した米本来の上品な甘み
アルコール14%




杉浦味醂 見学

この碧南には、昔は日本酒の蔵が20軒あって、今は2軒

越後杜氏が日本酒の寒仕込を終えた後に、味醂を仕込む

その為、味醂は日本酒より糖化ということが求められるので、

少し気温が高くなった時に仕込む

丁度、桜の咲く前後に味醂は仕込まれるので

『桜』の名称が入る

『九重櫻』九重味醂

『愛櫻』杉浦味醂



この碧南の土地が、味醂造りに適していることを分かり易く説明していただき、

伝統製法へのこだわりを肌で感じました。

杉浦味醂の杉浦さんはFacebookLive #みりんチャンネル も毎日されています。

どうぞ、このブログに訪問していただいた方は ツナグ という意味で
素敵な伝統製法の生産者と繋がっていただけたらと思います。


2022年9月15日 : 安部司氏特別講演 目からウロコの冷凍食品のお話と最新の調理機器を使ったランチ会


11月5日(土) 13:00~
フクシマガリレイ株式会社

コロナ禍も3年を過ぎて、
スッカリ生活スタイルが、変わられた方も多いようです。
特に、食生活においては、
リモート出勤や常に自宅に居るという時間が増え、
コロナ前は外食を楽しむ機会も多かったり、中食をデパ地下で買ってきて楽しんだり
おうちで手作り等でした。

コロナ禍で一番売上を伸ばしたのが
カップ麺と冷凍食品
なんとナント冷凍食品の種類は3倍に増えたとの情報

皆さまは、冷凍食品を買う時の基準は有りますか?

冷凍食品の方が食品添加物少ないでしょ!

とにかくお弁当に詰めたら丁度良い時間帯に溶けて食べる状態になるので便利なの!

一品プラスに使ってます!

理由は様々
 今回は、皆さまの
冷凍食品に対する見方が変わる、
すぐに使えて為になる食育講演会
を開催します。

今回の会場は、
予約お申込みいただくと、
リアルに最新の調理機器の見学ができます。

オンラインの方もご希望で説明資料をPDFで頂き、後日都合の合う日に連絡を取れる特典がございます。




特に、飲食店の方や、
介護施設運営されている企業や個人様には
安全に食品を提供するのに努力されており
人手不足など色々課題がある中、
少しでも最新の技術を知るキッカケに
又、販路拡大で、出前テイクアウトを考えられている業者の方にもお役に立てるかと考えております。


お申込みは下記リンクからどうぞ


>>リアル参加の方はこちら

>>オンライン参加の方はこちら


今回の講演会は、
リアルとオンラインのハイブリッド開催です。

スケジュール

13:00~13:15 
フクシマガリレイテストキッチン会場にて説明
13:15~13:45 ランチ会 辻井よしみ説明(フクシマガリレイ調理機器を使用)


オンラインzoomの方も参加

13:45フクシマガリレイ株式会社
14:00~14:05 主催者 Let’s和ごはんプロジェクトのイベント・加工食品診断士協会ついて
14:05~14:45 オプティマルキッチン欒(おうち)代表 加工食品診断士 認定講師 辻井よしみ
 知って得する冷凍食品の見分け方
14:45~14:50 休憩
14:50~15:45  加工食品診断士協会代表理事 安部司氏(プロフィール下記参照)

特別講演 目からウロコの冷凍食品・冷凍庫の使い方を伝授
15:45~16:00  質問タイム

◎リアル申込された方は、16:00から、システムキッチン見学となります


11月は農水省のlet's和ごはん月間でもあり
SDG'sの12番 
つくる責任・つかう責任
にフォーカスし
つくる(生産者)側には、
技術を知ること、変えることで、
食品ロスや食品添加物使用の減少や、
遠方より食材の移動を減らすことで
エネルギー量を減らすことにツナグ
又、つかう(消費者)側は、
自分が手に取る食品を選ぶ基準を考える機会として
安部司氏による特別講演で、
余った時の肉や魚などあらゆる食品に使える家庭でできる冷凍食品を学ぶ

冷凍食品・冷凍庫の使い方は必見です。
 
これからの、未来の子どもたちへ少しでも良い形で『食』をツナグそんな講演会を開催します。





お申込み・お問合せはこちら
090-8885-8412

受付時間 9:00-18:00
[ 土・日・祝日除く ]