レシピに頼らない家庭料理 欒(おうち)の台所から心も身体も元気に‼

梅仕事 2017年 第1弾 欒 おうちで作ろう!梅の保存食 自分で作るから安心٩( ᐛ )و

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
☆おうちの食卓から元気を☆モットーに 家庭料理で身体の中から元気にしていくオーガニック料理教室 調理師経験を家庭料理のシステムへ活用 食材の本来の持つパワーを体得! チョイス!!体にとって必要な食物を摂取不必要な物は取らない方法を学ぶ 自分の予算内で健康に暮らす術を知得・体得する レシピに頼らない家庭料理でおうちの料理を楽しむ

今年は、梅の入手に苦労しました。

最初届いた梅があまりにも傷が多く 無農薬自然栽培にこだわった梅だということでしたが

生徒さんとの 梅干し作りにはには使用せず もったいないので 梅酒 梅サワー 梅ジャムへと変身しました。

再度 急遽お願いして 入手した梅は 本当に立派な梅 ご協力頂いたT様には感謝です!

 

梅の効能

・梅干し……究極のデドックス食品!殺菌効果、整腸作用にも効果は絶大。
「梅干しは三毒を消す」
梅干しは食べものの毒、血の毒、水の毒の三つの毒を消す作用があると昔のことわざでもいわれています。
その他にも
「梅はその日の難(なん)のがれ」
朝、梅干し(うめぼし)を食べれば、その日一日は何事もなく無事に過ごせるという意味。
それくらい梅干しの効果はすごいということです。梅干しのあの酸っぱさ、酸味は、クエン酸によるものです。
そのほか梅干しに含まれる様々な有機酸は8種類もあります。その有機酸らが、エネルギーに分解してくれます。
これを「クエン酸回路」といいます。
クエン酸がこの回路を活発にして疲労物質の乳酸を分解して排出してくれたり、抑えてくれるため、体内に残らない。そのため「梅干しを食べると疲れが取れる」と言われてる所以です。
クエン酸には他にもカルシウムの吸収をよくしてくれる効果もあります。
専門家によれば、梅干しのルーツは中国楊子江の奥地で漢方の一種として使われていたようで、日本に伝来したのは奈良時代。
胃腸やノドの病気に卓効あり、と伝えられていました。
この言い伝えは現代、科学的に証明されたようです。この梅干しに限らずですが、昔の人は科学的ではなくとも熟知していたというのが本当にすごいですよね。
和歌山県のブランド梅「南高梅(なんこううめ)」の梅干しから抽出したエキスを、新型インフルエンザ(H1N1型)と同じウイルスに感染させたイヌの肝細胞に加える実験が行われました。
その結果、エキスを加えなかった肝細胞はウイルスにより破壊されましたが、エキスを加えた肝細胞では約7時間後にはウイルスの増殖が約90%も抑制されました。
ウイルスの抑制に効果を発揮した成分は、南高梅に含まれるポリフェノールの一種で「エポキシリオニレシノール」と名づけられました。
研究者は1日に5粒程度の梅干しを食べることでウイルスを抑えることができるとしています。
引用 ドクターズガイド
このほかにも、梅干しに含まれるシリンガレシノール(Syringaresinol)という成分は、ヘリコバクターピロリ菌を抑制する効果があることもわかっています。
動脈硬化や糖尿病などにも梅干しに効果があると、医学的にも解明されているそうです。

ここまで効果があるとは驚きですね。
しかしだからといって食べすぎもよくないと思うので、梅干しだけに頼るのではなくバランスよく食べることをおすすめします。
梅干しは添加物を使っていない天然塩を使って漬けられ、できれば熟成されたものを選ぶのがいいです。

引用 http://youjo-labo.com/detoxification-2-3189.html

 あちらこちらにお願いして大急ぎで手配した梅 10kg きれいな梅が届き一安心(´▽`*) やっぱり素材が悪いと良い物はできません

 

白梅酢が上がり出しました。塩は海の精を使いました。

梅の倍の量の重石をしています。重石だけでは10kgとなると足りないので試行錯誤して あとは梅酢が上がるのを待ちます。10日~2週間

有機栽培の梅(和歌山・三重から)と有機百花蜂蜜を使って 梅シロップ お菓子作りにも 料理や調味料としてとても役に立ちます。

これは、最初に広島から届いた 無農薬栽培の梅(あまりにもひどいがもったいないので梅酒に)

 

これも広島からの無農薬栽培の梅で、梅サワー(お酢とキビ砂糖で)冷たく冷やして夏場のドリンクや 固めて お菓子や調味料に変身します。

この記事を書いている人 - WRITER -
☆おうちの食卓から元気を☆モットーに 家庭料理で身体の中から元気にしていくオーガニック料理教室 調理師経験を家庭料理のシステムへ活用 食材の本来の持つパワーを体得! チョイス!!体にとって必要な食物を摂取不必要な物は取らない方法を学ぶ 自分の予算内で健康に暮らす術を知得・体得する レシピに頼らない家庭料理でおうちの料理を楽しむ

Copyright© オプティマルキッチン 欒 (おうち) , 2017 All Rights Reserved.