レシピに頼らない家庭料理 欒(おうち)の台所から心も身体も元気に‼

☆子供のパワーを感じた1日☆彡 12月15日小学生1日課外アカデミー@ハグミュージアム開催

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
☆おうちの食卓から元気を☆モットーに 家庭料理で身体の中から元気にしていくオーガニック料理教室 調理師経験を家庭料理のシステムへ活用 食材の本来の持つパワーを体得! チョイス!!体にとって必要な食物を摂取不必要な物は取らない方法を学ぶ 自分の予算内で健康に暮らす術を知得・体得する レシピに頼らない家庭料理でおうちの料理を楽しむ

すばらしいイベントの機会を設けていただいた関係者の皆様お世話になりましたこの場をお借りしてお礼申し上げます。

大阪府教育委員会様主導の「こころの再生」府民運動と企業・団体がつながる一日課外アカデミー
サンケイリビング新聞社様がコーディネートであっという間に申し込みが抽選になり、大阪ガス様からのご依頼で大変貴重な経験させて頂き、私もとても勉強になりました。ありがとうございました。
心温まるアンケートも読ませて頂き、やって良かった~と実感!!本当に感謝申し上げます。

最初のレシピ作りから時間配分がタイトすぎかな等色々考えておりましたが、

この短い時間によく子供達や保護者の皆様が、

滞りなく無事講義を聞かれ実習を終了され、

各テーブルで『美味しい~』の言葉を聞いた時に安堵しておりました。

昆布と鰹節で”だし”を取ってお雑煮を大阪野菜も入ります。

おせちの中でも栗きんとん・昆布巻き・松風焼きとなりました。

最初は、地産地消で大阪野菜を使って煮しめを作りたかったのですが、

時間が短いので味の入りが少し足りない

その場で食べて、やはり子供達が美味しいネと感じてほしい

色々、考慮して 松風焼きに変更

鶏ミンチにお雑煮を作る為にとった”だし”の昆布をペーストにし、

プラス 乾し椎茸もペーストにして一緒に練りこみました。

うま味の相乗効果で薄味でもとても美味しく、

素材を無駄にしないことを知ってほしい

又、昆布巻きは 自分の中では日高昆布か早煮かどちらかを思案中でしたが

翁水産様のご協力で工場で昆布を色々見せて頂き

その中の昆布を試作検討して、

やはり短時間で戻して味もさっと入る昆布は早煮昆布になりました。

昆布巻きは、ニシン・鮭などが良く売られているのを見られますが

うす揚げの昆布巻き・下味をつけた豚肉の2種類の昆布巻きを作る事にしました。

そして、炊く時に昆布の戻し汁とお雑煮の”だし”を取った時に使った鰹節を

キッチンペーパーで包み、お鍋に一緒にいれて煮ました。

味付けの前に取り出し、素材を無駄なく使うことを伝えたい

栗きんとんも、さつま芋が持つ本来の甘味を引き出したかったので

甘味料は本当に少しにしました。

そして、私がとても嬉しかったのは、調味料の指定は何もしなかったのですが

すばらしい素材の物をキチンと用意していただいてたこと

大阪ガスの大石様の配慮に感謝!ありがとうございます。

時間があれば

【昆布のこと】も昆布大使として伝えたかった

お雑煮やお節料理の話も、もっと伝えたかった

お節の重箱の中身の話を少し、

そして、それぞれの家庭で味は違って当たり前

その各家庭の味を繋いでいってほしい、ということは伝わったかと思います。

そして、実習中の大阪ガスのスタッフの皆様のサポート。

番号を私に伝えられ

その席が欠席者がいるので、人数少ないのでよろしくお願いしますという

この声掛けは、日頃多くの人数の講座をテキパキとこなされているからの一言で

素晴らしかったです。

それから、何よりも驚いたのは子供たちの短時間での吸収力の素晴らしさ

1年生から6年生まで、初めての調理の子でも、少し伝えて見せたら、

すぐに吸収してできるようになる、子供って素晴らしい!

このような経験が日々の生活に役に立ってくれるであろうことを実感した瞬間でした。

企画、募集、準備から当日まで、

大阪ガスの皆様本当にお世話になりありがとうございました。

下記に当日の様子添付しておきます。

昆布大使 辻井よしみ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
☆おうちの食卓から元気を☆モットーに 家庭料理で身体の中から元気にしていくオーガニック料理教室 調理師経験を家庭料理のシステムへ活用 食材の本来の持つパワーを体得! チョイス!!体にとって必要な食物を摂取不必要な物は取らない方法を学ぶ 自分の予算内で健康に暮らす術を知得・体得する レシピに頼らない家庭料理でおうちの料理を楽しむ

Copyright© オプティマルキッチン 欒 (おうち) , 2018 All Rights Reserved.